思い出になるベビー服を

毎年毎年、新作が出て最近はとても可愛いベビー服がたくさん出てきました。
かなりオシャレを意識したような感じです。
子供が生まれると、親になった感動と共に子供に対する愛情がどんどん増幅するのがわかります。
良い物を食べさせてあげたいとか、可愛いベビー服を着させてあげたいとかそのような気持ちになるものです。
またそのように考える事ができるくらい、色々な商品がたくさんあるのも現実です。

ママさん友達でベビーカーを押しながら、一緒にベビー用品をお買い物なんて光景もよく見ると思います。
見ているこちらとしても、なんとも言えない微笑ましい気分になりますね。
そんな可愛いベビー服がたくさんあるわけですから、お店に行くとついつい買ってしまうものです。
何点買っても?
「これも可愛い!」
「あれも可愛い!」
と次から次へと目うつりしてしまう程です。
子供の成長は早いもの、高校生くらいになると多少その成長も緩やかになると思いますが幼少時の成長は非常に早いものです。
昨年着ていたベビー服がもう着ることできない、こんな事は当たり前のように起こります。
しかし・・・来年着られないという事は今手元にあるベビー服を着るのは今しかないという事でもあります。
毎日毎日、凄い早さで成長しますから毎日が大切な思い出。
今しか着られないからこそ、やはりベビー服こだわりを持つのだと思います。
ママさん友達の間でも、お互いにベビー服の品評会などもしていると思いますし、他のお子さんが着ているとついつい自分の子にもと考えてしまいます。
またそれが楽しいのかもしれません。
あと何年着れるだろうと考えると、なかなか購入できないのかもしれませんが今しか着られないのだからと考えると購入したくなります。

ベビー服は子供の成長の証ですし、その服を着た写真なども大きくなれば家族の良い思い出となります。
大人になり成人をすれば、子供の服を買うなどという機会はなかなかあるものではありません。
そう考えると重要なものですね。
ベビー服を着てた我が子が大人になり、着ていた内の数枚が運良く押入れから見つかる。
もしかしたら、それをまた次生まれてくる子に着させてあげるなんて事もあるかもしれません。
昔使用していたベビー服を見ていると、自分にもこんな時があったのだなと思い色々な光景が蘇ってきます。
そんな思い出のたくさん詰まるベビー服を「今」という時の為に・・・我が子の為に一生懸命選んであげる事は親としての大切な役目なのかもしれません。

コメントを残す

*