ベビー服選びのポイント

出産祝いの定番とも言えるベビー服ですが可愛いだけで選んでしまっている事はないでしょうか。
特にプレゼント用ではデザインで選びがちですが大人が可愛いと思っていても実際に身につける赤ちゃんが嫌がる事があります。
折角ですから大人も満足、赤ちゃんもご機嫌である物を選ぶことが出来るといいですね。

赤ちゃんの肌敏感です。
選び方のポイントをいくつか押さえておく事が大事です。
まず、柔らかく汗を吸い取りやす生地であることです。
基本中の基本ですがこれをクリアーしていない商品も少なくありません。
肌が丈夫な子なら平気なのですが、最近は敏感な子も多いので気をつけておきたいところです。
新生児にはガーゼ生地の柔らかい肌着をきせるのもそういったことが関係しています。
次に大事なのが首周り、手足の辺りがきつすぎないことです。
ブカブカ過ぎるのもいけませんがきつめだと締まりすぎで苦しいばかりでなく、そこが赤くなったり汗が溜まってあせもができやすくなります。
そうすると不快感から赤ちゃんがご機嫌斜めになってしまいます。
おむつも替えて、ミルクもたっぷり飲んだのにイライラしている赤ちゃんにはたまにこういった原因があるようです。
また、成長が早いので少し大きめを選ぶのはその意味でも有効です。

リボンやレース付きは少し大きくなってからが良いでしょう。
実は、まだ寝返りがやお座りくらいの時には思いのほか邪魔になります。
ちょっと動くのにも服についた飾りがゴロゴロしたり、顔や手足に触れて擦れたりしてしまいます。
擦れると赤くなったり、カサカサしたりと肌も傷つけてしまいます。
飾りがついたものはお出かけのときぐらいにして家で過ごす普段着は出来るだけシンプルなものを選ぶのが無難です。
以上のことからも触われるものであれば、裏返して縫い目が引っかからないか、ボタンの位置が寝返りの時に邪魔にならないか等チェックするといいでしょう。

さて、ここまでの注意点をクリアした上でデザインということになります。
すると案外絞られるものですが色や絵がらは多数あるのでそこから好みのものを選ぶのがいいといえます。
ちょっと特色をだしたいのなら、よだれかけや帽子などの小物をオススメします。
小物の場合はお出かけの時、ミルクの時間やご機嫌でヨダレだらだらの時など必要な時だけの着用なので負担も少なくてすみます。
可愛くて機能的、ママとお揃いのものなど最近では店舗よりもネットの方がベビー服は充実しているかもしれません。
ママタレデザインの手頃で着やすい服も以外に豊富です。
お気に入りのブランドを探してみるもの楽しいですよ。

Comments

0 comments so far.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>