ベビー服はお下がりが一番

ベビー服は可能ならお下がりを譲り受けるに限ります!
一人目の妊娠の時、従姉妹、友人、主人の職場の人からもたくさんベビー服のお下がりを頂いたのですが、子供が2歳になるまで普段着を買い足す事はありませんでした。
赤ちゃんの成長はとても目まぐるしく、50~70センチのベビー服を着たのは本当に一瞬で、10ヶ月頃に80センチを着るようになるまでタンスをコロコロ入れ替えていた記憶があります。
もし全部自分で購入していたなら、あまりの目まぐるしさにショックだったと思います。

一人目の赤ちゃんを迎えるのにお古ばかりというのを嫌がる方もおられるかもしれませんが、最近は少子化で皆さん子供は1~2人という家庭も多く、一人目と二人目では性別が違ったりするので、ベビー服はお古でも綺麗な状態で残っている事が多いです。
しかもお祝いで頂いたと思われるブランドのベビー服はデザインもとても可愛らしくて、お古ながらもお出かけ着にしたくなる物も多いです。
それでも最初に使用してから何年も経っているものだと、お洗濯して仕舞っていても首元などのシミが浮き出してしまっている事があります。
そのような服は赤ちゃん専用の洗濯漂白剤を購入し適量をお湯に溶いてしばらく漬けていれば、ほとんどのシミが綺麗に落ちます。
赤ちゃん用の洗濯漂白剤は赤ちゃん用品店やドラッグストアで購入できます。
私は頂いたお下がりをその都度漂白洗濯して、サイズ毎に袋詰めして収納しておきました。
そろそろサイズを変えようと思った時にもう一度軽く洗濯すれば、赤ちゃんでも安心して清潔に利用する事ができます。
私はベビー服はお下がりが一番良いと考えているのですが、周りの先輩ママに「ちょーだい!」と言って回るのは考え物です。
それぞれのご家庭の家族計画もあるし、すでに譲りたい人がおられる方もいると思いますので、あくまでも「良かったらどうぞ」と言って頂いた時にのみもらうのが良いと思います。

周りに先輩ママがおられない方へのおすすめはベビー専門のリサイクルショップです。
ベビー専門となっているお店は美品しか買取をしないところも多いので、購入する側も安心です。
赤ちゃん連れで結婚式などに招待された場合などに一度しか着ないようなドレスが必要になった時も、ベビー専門リサイクルショップがお勧めです。
売られた方も一度くらいしか着てないと思うのですが、定価の半額以下で売られている事が多いです。
ベビー服を着せるのは本当に一瞬の事です。
それに出産準備にも費用がかかりますが、産まれて以降はもっと必要経費が増えていきます。
これから本当に必要になるところの為に、ここは賢く節約したいものです。

コメントを残す

*