このような種類の天井カセット型等施設用エアコンあります

業務用、施設用のエアコンには天井埋め込み型、天井吊り型、壁掛け型、床起き型などいろいろな種類があります。設置場所や使用状況、環境などに合わせてどのようなタイプを設置するのが良いか考えましょう。天井カセット型は本体を天井に埋め込み見た目が非常にスッキリとするので、店舗など客を迎える施設に多く使われています。天井吊り型は埋め込み型のような大掛かりな工事が必要なく設置場所も選びませんが、見栄えはすっきりしないので教室や工場などに多く使われています。家庭用エアコンを大きくした壁掛け型は設置もメンテナンスも簡単ですがパワーに限度があるので小規模な事務所などに多く使われます。床起き型は一番設置に費用や手間がかかりませんが、場所を取ってしまいます。体育館など天井の高い施設で多く使われます。このように用途も様々ですが、今回は中でも天井カセット型のエアコンについてお話しします。

天井カセット型エアコンにも何種類かあります

天井埋め込みのカセット型エアコンには吹き出し口の違いによって種類があります。4方向吹出形は部屋の中心に設置し、広い範囲に満遍なく風を行き渡せることができます。2方向吹出形は幅が狭く奥行きが広い店などに有効で、4方向より価格が抑えられます。1方向吹出形は部屋の隅に設置するので風が偏りやすくはなりますが、他の形に比べて価格が安く、天井の高さが階層になっている下がり天井にも設置できます。また、最近では、360度全周に風が吹き出すラウンドフローというタイプもあり、4方向よりさらに隙間なく部屋全体に風を行き渡らせることができるようになっています。部屋の形や広さ、予算などに合わせて最適なものを選んでください。また、様々な形状スペースに対応できるよう、吹出口と本体とを分離したビルトインカセット形などもあります。

天井カセット型エアコンを設置する際に注意すること

天井カセット型エアコンを設置する際には、設置場所をよく考えなければいけません。吹き出し口の近くに壁や出っ張りなどがあると、吹出た風を再び吸い込んでしまい効率が上がりません。1方向吹出形以外は部屋の中心に設置しないと温度にムラが生じてしまいます。配管や配線などによっても取り付け位置は変わってきますので、事前に業者の方と相談しておくと良いでしょう。また、室外機の設置場所も考えなければいけません。天井カセット型に限った話ではありませんが、吹出、吸込のスペースが狭かったり、隣接地に影響が出るような場所には設置できません。室内機はもちろんのこと、室外機のサイズなども考えて設置を検討してください。プロに相談すればエアコンの形状や容量など最適なものを提案してもらえますので、まず専門業者に相談した方がいいでしょう。