天井カセット型等施設用エアコンの設置方法

業務用エアコンと聞くと、大きなエアコンを想像する人も多いかもしれません。古い施設などには床置きタイプの大きなエアコンがあったりしますので、そのイメージが強いのかもしれませんね。最近では天井に埋め込むタイプのカセット型エアコンが主流になってきており、さまざまな場所で目にする事ができます。小規模店舗やレストランなど、インテリアを重視する場所に多く見られます。また、学校にエアコンが整備されてきており、家庭で一般的な壁掛けタイプのものや天井吊り下げタイプのものが多く見受けられます。いずれも、家庭用よりも少し大きくなっており、パワーも業務用なので強いのが特徴です。どのタイプにもメリットとデメリットがあります。今回は天井につけるカセット型のエアコンに焦点をあててお話をしていきます。

業務用エアコンの種類を解説していきます

一口に業務用エアコンと言っても、種類はさまざまあります。先述した家庭用エアコンと同じ壁掛けタイプのものや、天井から吊り下げるタイプ、大きな建物や天井の高い建物に向いている床置きタイプもあります。よく目にする天井に埋め込むカセット式タイプのエアコンも、風の吹き出し口が1方向のもの、2方向のもの、方向のもの、全方向のものと、いろいろあります。設置する部屋の形状や大きさ、インテリアの様子や費用面から、決めていく必要が出てきます。レストランに床置きタイプを設置しても変ですし、天井の高い体育館に天井埋め込みタイプを設置しても意味がありません。それぞれに適したタイプのエアコンを選択しないと無駄になってしまいます。例として、細長い形の形状には壁掛けタイプや天井吊り下げタイプが合っていますし、レストランなどインテリア重視の場所には天井埋め込みタイプが合っています。

天井カセット型エアコンの特徴と設置について

それでは、天井カセット型エアコンに焦点をあてましょう。このタイプは風の吹き出し口の数を選べます。また、さまざまな機能もついているので、使いやすいエアコンになります。吹き出し口の数が多ければ多い程、空調にムラができにくくなります。部屋全体を均一に冷やしたり暖めたりする事が可能ですし、天井と一体になる為インテリアの邪魔をしません。景観が重視される店舗やレストランで重宝されます。デメリットとしては、天井に穴を開けなくてはならない事や、天井裏のスペースが必要な事が挙げられます。また、他の業務用エアコンに比べると本体価格や設置費用が高い傾向にあります。設置には専門の業者が必要で、業者によって費用が異なるので注意しましょう。どのエアコンにもメリットがあればデメリットもあるので、しっかりと検討して選択していきましょう。